» 未分類のブログ記事

浸透力が高いこのアロマは、皮下脂肪レベルに作用するのでニキビケアや、妊娠線の防止、年齢と共に弛んだ皮膚の再生力を高めてくれる効果があります。
ニキビケアには、このアロマを1滴とゼラニウム2滴、ラベンダー2滴、ベルガモット1滴がおすすめのブレンドです。
ラベンダーはいろんなオイルと相性が良いのでよくブレンドに使われています。
キャリアオイル30mlにブレンドしたものを混ぜ、夜洗顔した後に2~3滴を薄くのばしながら塗ります。
注意点は、朝洗顔した後には使用しないことです。
ニキビケアをしたい方にはとてもおすすめのアロマです。
このアロマは他にも心に対する働きや身体に対する働きなどにも効果があります。
神経を鎮めてくれるので、人前に立つ直前に使用すると効果的です。
筋肉痛を和らげ鎮静作用もあるため、関節痛にも効果があります。
また、ストレスなどによる拒食症や性的な障害にも役立ちます。
このアロマ自体の使用上の注意点は特にありません。
抽出部分は根なので、イネアレルギーに反応することもありません。
アレルギーの心配がある方も、安心して使えます。
抽出方法は水蒸気蒸留法です。
ノートはベース、ブレンドファクターは1から3となります。

更年期になると月経が不順になり、肌が乾燥したり気持もイライラ、体の調子が今までと違う、というような症状が多かれ少なかれでてきます。これは更年期障害で、ホルモンのバランスの乱れからくるものです。
そんな時に試してみたいのがアロマテラピーです。アロマオイルの中でもゼラニウムのアロマオイルは、バラのような甘い香りが特徴で、落ち込んだ時や不安に感じた時に前向きな気持ちにしてくれるのです。また月経を整えるといった効能があり、更年期障害の改善に効果を発揮してくれます。
ローズも甘い香りで女性ホルモンを活性化してくれる効能があります。月経不順、月経痛を和らげる効果があり、ストレスなどの精神的な不調にも働きかけてくれます。また肌の調子を整えたり、保湿効果、血流改善など女性にうれしい効果がたくさんあります。ローズオイルは外からも内からも効果が感じられるのです。
また、セージは女性ホルモンであるエストロゲンに似た成分が含まれており、女性特有の症状に効果を発揮してくれます。消化の促進作用により、食欲がない時の改善にも役立ちそうです。鋭くクリアな香りが特徴で、気持ちをリフレッシュさせたい時にお勧めです。
これらのアロマオイルをうまくブレンドしながら、心身共に快適に過ごしたいものです。

ベチバーは熱帯地方に見られるイネ科の野草で、スモーキーな甘い香りのアロマオイルが抽出されます。 ベチバーのアロマオイルは、古代インドで筋肉痛を和らげたりリュウマチの治療薬として使用されていたそうですが、鎮静作用もあり、強い緊張やストレスに対して気持ちを落ち着かせて心の静寂を取り戻してくれる効果もあります。 この心身に対する効果を利用して、人前で緊張したくない時や面接の時などの前に利用するとよいのではないでしようか。

特に人混みで疲れた時など、そのスモーキーな香りを、ゆったりと楽しむことで大地のなかにいるような感覚を覚えるでしょう。 アロマオイルをブレンドする時は、ペチパー1滴にリフレッシュ効果のある・オレンジ2滴・ローズウッド2滴・ラベンダー1滴の割合でブレンドしたものをオリーブオイル30mlと混ぜたものをすり込むように優しくマーサージするとよいでしょう。  ローズウッドやラベンダー落ち込んだ気持ちを明るい方向へ向かわせ、元気にしてくれます。 又、ペチパーの血行促進作用によって疲労回復にも役立つだけでなくコリも緩和してくれるのでおすすめです。

アロマオイルを使用するときの注意点として、天然のものを使うといっても高濃度の精油の原液を直接肌につけることは避けて下さい。 マッサージなど肌に使用する場合は、キャリアオイルで1%以下に薄めて使用して下さい。

使用時の注意点とは

| 未分類 |

アロマテラピーは日本でもすっかり人気が定着しており、香りを楽しんだり、マッサージオイルに混ぜたり手作り化粧品に使用したりと様々な方法で楽しまれています。

そして、精油にはそれぞれ特徴がありますので、それぞれの精油の特徴はしっかり理解し、最適な方法で使用していきましょう。

ベチバーも人気の高い精油のひとつとなっていますが、これは熱帯地方に広がるイネ科の野草から抽出された精油で独特のスモーキーな香りがするのが特徴です。

憂鬱な気分を取り除くのに役立ってくれますし、血行を促進する効果も期待できます。

他の精油とブレンドして楽しむこともでき、イランイランやサンダルウッド、ラベンダー、グレープフルーツ、ローズ、ジャスミン、ゼラニウムなどと相性が良いとされています。

そして、精油を扱う場合はやはり注意点もあります。

妊娠初期の頃に使って良いのかということになりますが、精油によっては体に影響が出ることがありますので、妊娠初期は使用は避けたほうが無難です。

そしてベビーマッサージなどで乳幼児に使っても良いのかということになりますが、3歳以下の子供の場合はマッサージやアロマバスでの使用は適していないとされています。

小さなお子さんの場合は芳香浴以外の利用は避けたほうが良いでしょう。

ベチバーのお肌への効果は、血行促進作用、おだやかな収斂作用、殺菌作用などがあります。
血行促進作用によって、肌の新陳代謝を活発にし、くすみをなくします。また、おだやかな収斂作用がありますので、
皮脂の分泌を抑えます。ですから、オイリー肌をケアすることができます。
殺菌作用があるので、ニキビのケアをすることもできます。収斂作用によって皮脂の分泌が抑えられる事も、ニキビ肌のケアには効果をもたらします。
また、ベチバーは浸透力が高いオイルなので、妊娠線を薄くすることができます。急に太った時や、急激に体重を落としたときに皮膚に生じる肉割れを薄くする効果もあります。
肌のケアに用いる時には、ローションやクリームに1滴から数滴混ぜてつかいます。独特の香りがあるので、好みが別れるところですが、このくらい薄めて使えば、香りの強さは気にならないくらいになるでしょう。
化粧水か蒸留水に1滴混ぜて、布にしみ込ませて湿布として肌にはるのも効果的です。
また、アロマスチームとして、肌にスチームを当てるのもよいでしょう。
妊娠線や肉割れのケアには、オリーブオイルなどのキャリアオイルに数滴混ぜて、マッサージをします。
アロマバスとして、バスタブに数滴オイルをおとし、そのお湯にゆっくり浸かるのも全身のケアになります。
ベチバーのにおいは心を落ち着かせる効能があるので、ストレスの軽減にも役立ち、ストレスからくる肌トラブルの症状を軽くすることも期待できます。

ベチバーの体への効果効能のひとつは、血流量を増やし、血行を促進することです。
この効能により、筋肉痛の症状をやわらげたり、こりをほぐしたり、関節の痛みを緩和することができます。
激しい運動をした後や、久しぶりに運動した後などにアロマテラピーとして使用すると、翌日の筋肉痛を軽くする効果が期待できます。また、血行促進効果により、疲労回復にも役立ちます。
ベチバーは浸透力の高いオイルで、皮下脂肪まで影響を与えることができます。マッサージをする際に、キャリアオイルに混ぜて使えば、妊娠線を予防したり、肉割れ線を薄くする効果があります。また、年齢とともに弛みがちな皮膚や皮下脂肪にハリを与えてくれます。
おだやかな収斂作用と殺菌作用があるので、キャリアオイルと混ぜて顔をマッサージしたり、化粧品に数滴混ぜるて使うと、ニキビ肌やオイリー肌へのケアができます。皮脂の分泌を適度に抑え、血行促進により肌の健康を保ちます。
蒸気を顔に当てても同じ効果が期待できます。アロマバスとして、数滴オイルをたらしたお湯につかるのも、肌へのケアになります。
ベチバーには通経効果があり、妊婦には悪影響を与える可能性があります。妊娠している時には使用を避けるのが無難です。

心を落ち着かせて鎮静させるには、アロマを焚くと気持ちが安静してきます。
ぺチパーのアロマオイルは、とてもスモーキーな甘い香りがします。
このアロマが気持ちに与える影響の一番は、気持ちを沈静させてくれることです。イライラした気分の時や、気持ちが高ぶって落ち着かない時や、緊張感が高ぶりすぎる時に、焚いてみると気持ちが和らいできます。
気持ちが大きくなる効果もあるのでビジネスシーンで大切な打ち合わせがある日の前日なども、気持ちを集中させたい時にも効果的です。
アロマを睡眠前のベットルームで焚くことによって、よりリラックスできます。気持ちも鎮静させることができるので、ストレスも緩和できますし、だんだんとやる気がでてくるのです。香りを十分に楽しむ為には、アロマポットを使用すると良いでしょう。やさしく温められた香りが部屋を包んでくれます。その時は、部屋の明かりを消してアロマポットの明かりだけにするのも癒し効果が高くなります。また、ベットルームだけでなく、ハンカチなどに香りをしみつけることで、オフィスや外出先などで気分を盛り上げたいときにアロマを楽しむことが出来ます。いつでも好きな時に好きな香りをかぐことは、ストレス解消にもつながりますし、高ぶった気持ちの鎮静にもつながるので、試してみましょう。

主要成分について

| 未分類 |

昨今は、ストレス社会といわれ、どんなに健康的な生活を目指して日常生活をおくっても、時として心身ともに疲れてしまう時があります。 そのような場合、癒し効果のあるアロマテラピーなどを行うとリフレッシュする事ができます。 心を落ち着かせ、自信をつけたいときに行うアロマテラピーでは、鎮静効果の高い精油ベチバーを使うことが多いです。

ベチバーはイネ科植物で根を蒸してオイルを抽出します。 ベチバーを使う事の効果は、中枢神経系に働き心身のバランスをとる作用があります。

主な成分は、ベチベロール、ベチベロン、フルフロール、ペチボン、ベチペン といわれるもので土のような深みのある神秘的な香りがします。 ベチベロール、ベチベロンは、リラックス効果、緊張の緩和、筋肉痛の改善などの効果があります。 大地に足をつけるようなグラウンディング作用と鎮静作用があるので、緊張して高ぶっている時や心身が疲労していると感じているときなど神経を和らげてくれます。 その他、体のあらゆる部分に酸素を運び血行を良くして、筋肉痛を和らげることができます。 つまり、ストレスと緊張からくる病気を近づけないように手助けします。 又、虫除け効果もあることから、アジアの地域では、ベチバーで帽子などを編んで使っていたようです。

歴史について

| 未分類 |

ベチバーはイネ科の多年草です。姿はススキに似ており、細長い葉を束状に茂らせます。
原産国はジャワやインドなどの熱帯地方です。
原産国の利用の歴史は古く、何世紀も前から身近なところで用いられてきました。
用途はブラインドや天幕や日よけといった日用品の素材、マットや帽子の素材などがあります。
葉は屋根を葺く建材としても用いられました。
古代インドでは根の粉末を薫香や宗教儀式として用いた他、サシェの素材としても使われました。
サシェとはにおい袋のことで、香粉などの香りのある素材を詰めた小袋です。
ベチバーは防虫効果に優れており、サシェが防虫に用いられました。
ベチバーのサシェは、古代インドでは布を守るために使われ、ロシアでは毛皮のコートの裏につける習慣がありました。
ベチバーの精油は、通常は乾燥した根を水蒸気蒸法を用いて採油されます。
精油が持つ成分は、主にvetiverolなどのセスキテルペンです。
セスキテルペンとは、植物や昆虫や菌類が作り出す生体物質の一種で、自然界では防衛物質やフェロモンとして分泌されます。
ベチバーの精油の効能には、香りによるリラックス効果のほか、血行促進があります。
血行が促進することで、体のコリや筋肉痛が和らぎます。
また、ベチバー精油を継続して摂取したときに体内のアンモニア数値が減ることから、体臭対策にも効果が期待できます。