更年期になると月経が不順になり、肌が乾燥したり気持もイライラ、体の調子が今までと違う、というような症状が多かれ少なかれでてきます。これは更年期障害で、ホルモンのバランスの乱れからくるものです。
そんな時に試してみたいのがアロマテラピーです。アロマオイルの中でもゼラニウムのアロマオイルは、バラのような甘い香りが特徴で、落ち込んだ時や不安に感じた時に前向きな気持ちにしてくれるのです。また月経を整えるといった効能があり、更年期障害の改善に効果を発揮してくれます。
ローズも甘い香りで女性ホルモンを活性化してくれる効能があります。月経不順、月経痛を和らげる効果があり、ストレスなどの精神的な不調にも働きかけてくれます。また肌の調子を整えたり、保湿効果、血流改善など女性にうれしい効果がたくさんあります。ローズオイルは外からも内からも効果が感じられるのです。
また、セージは女性ホルモンであるエストロゲンに似た成分が含まれており、女性特有の症状に効果を発揮してくれます。消化の促進作用により、食欲がない時の改善にも役立ちそうです。鋭くクリアな香りが特徴で、気持ちをリフレッシュさせたい時にお勧めです。
これらのアロマオイルをうまくブレンドしながら、心身共に快適に過ごしたいものです。