使用時の注意点とは

| 未分類 |

アロマテラピーは日本でもすっかり人気が定着しており、香りを楽しんだり、マッサージオイルに混ぜたり手作り化粧品に使用したりと様々な方法で楽しまれています。

そして、精油にはそれぞれ特徴がありますので、それぞれの精油の特徴はしっかり理解し、最適な方法で使用していきましょう。

ベチバーも人気の高い精油のひとつとなっていますが、これは熱帯地方に広がるイネ科の野草から抽出された精油で独特のスモーキーな香りがするのが特徴です。

憂鬱な気分を取り除くのに役立ってくれますし、血行を促進する効果も期待できます。

他の精油とブレンドして楽しむこともでき、イランイランやサンダルウッド、ラベンダー、グレープフルーツ、ローズ、ジャスミン、ゼラニウムなどと相性が良いとされています。

そして、精油を扱う場合はやはり注意点もあります。

妊娠初期の頃に使って良いのかということになりますが、精油によっては体に影響が出ることがありますので、妊娠初期は使用は避けたほうが無難です。

そしてベビーマッサージなどで乳幼児に使っても良いのかということになりますが、3歳以下の子供の場合はマッサージやアロマバスでの使用は適していないとされています。

小さなお子さんの場合は芳香浴以外の利用は避けたほうが良いでしょう。