主要成分について

| 未分類 |

昨今は、ストレス社会といわれ、どんなに健康的な生活を目指して日常生活をおくっても、時として心身ともに疲れてしまう時があります。 そのような場合、癒し効果のあるアロマテラピーなどを行うとリフレッシュする事ができます。 心を落ち着かせ、自信をつけたいときに行うアロマテラピーでは、鎮静効果の高い精油ベチバーを使うことが多いです。

ベチバーはイネ科植物で根を蒸してオイルを抽出します。 ベチバーを使う事の効果は、中枢神経系に働き心身のバランスをとる作用があります。

主な成分は、ベチベロール、ベチベロン、フルフロール、ペチボン、ベチペン といわれるもので土のような深みのある神秘的な香りがします。 ベチベロール、ベチベロンは、リラックス効果、緊張の緩和、筋肉痛の改善などの効果があります。 大地に足をつけるようなグラウンディング作用と鎮静作用があるので、緊張して高ぶっている時や心身が疲労していると感じているときなど神経を和らげてくれます。 その他、体のあらゆる部分に酸素を運び血行を良くして、筋肉痛を和らげることができます。 つまり、ストレスと緊張からくる病気を近づけないように手助けします。 又、虫除け効果もあることから、アジアの地域では、ベチバーで帽子などを編んで使っていたようです。